防水ドローンは水に負けない

防水ドローンは水に負けない

ドローンは無線操縦による無人航空機で、主にヘリコプターのような飛び方を得意としています。一般的には空撮に使用されることが多いのですが、中には小型の荷物を配送する商用ドローン、偵察、爆撃に使われる軍用ドローンなど、手のひらに乗るものから、10メートルを超える大きさのものまで、さまざまなタイプがあります。
 
一般的なドローンは、防水性能を持っていません。そのため、現在、比較的手に入れやすいドローンの多くは、天候が良くなければ飛行することができません。ただ、最近はだんだんと防水機能付きの機体が登場し、注目を集めています。水に負けないドローン。ドローンが防水になれば、タフなコンディションでも飛行が可能となり、今後、ドローンの用途も広がるでしょう。
 
ドローンが一般的になり始めた数年前、高性能ドローンの値段は数十万円ほどが当たり前でした。当然、防水ドローンではありません。ここまで高額だと、欲しくても個人ではなかなか手が出ませんでした。最初の飛行で墜落では、泣くに泣けません。ドローンは急激に我々に近い存在になったのですが、それでも少し距離感があった…ドローンの出始めはそう感じたものです。
 
現在はドローンの値段も下がってきて、初心者向けのモデルであれば数千円から2万円程度で納得できるものが見つかります。(もちろん用途にもよるので、一概には言えません)
 

防水と耐水の違い

ドローンを選ぶ際に気をつければ行けないこと。多くの人たちが誤解していることです。先にふれた通り、一般的なドローンは防水性能を持っていません。ただし、多少の耐水性を持つドローンはあります。実際にドローンを手に入れてから防水と耐水の違いを知る…実際、そういう方はあまりいないと信じていますが、この違いを知らないと大きな後悔につながりますので、今のうちに知っておきましょう。
 
防水ドローン
防水ドローンは、仮に、完全に水没してしまったとしても、問題なく動作するドローンです。内部は完全に封鎖されているので、水上での使用、着水、離陸といった動作もこなすものがあります(すべてではありません)。しかし、値段は通常のドローンより高額です。
 
耐水ドローン
耐水ドローンは、多くの場合、完全には密閉されていません。弱い雨や雪程度なら普通に動作しますが、仮に水中に突入した場合は、そのままこわれてしまうでしょう。
 
腕時計と同じで、防水タイプのドローンでなければ、水中や水上、タフな天候で飛行することはできないのです。
 
「防水(Waterproof)」として宣伝されている商品でも、それはおそらく「耐水(Water Resistant)」です。では、「防水」のドローンにはどんな使い道があるのでしょうか?
 
防水ドローンが一般的に!
ドローンの登場当初は、高額だったこともあり、操作ミスや風にあおられることによる墜落などの事故を考えると、手が出にくいものでした。しかし、多種多様に選べるほどではありませんが、防水ドローンが一般的になりつつあり、リスクはだいぶ減りました。防水ドローンなら、たとえ池に墜落したとしても大丈夫です。

防水 ドローン

レスキュー ドローン

スプラッシュドローン