防水ドローンは水に負けない

防水ドローンの用途・使い道

防水ドローンの用途

過酷な天候、過酷な状況での使用
通常、雨や雪の中では、一般的なドローンは飛ばせません。防水ドローンであれば、よほどの大雨でも無い限りは飛行可能です。そこに水がある限り、防水ドローンは活躍します。ただ、風がともなう場合、飛行が難しいことには変わりありません。
 
キャンプ
水辺でキャンプ。河畔や湖畔、海岸などでキャンプをする際にも、防水ドローンは活躍します。水遊びをする子供達を撮影、峡谷をなめるように飛行させることも可能(流れには注意が必要です)。
 
サーフィン、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツ
サーフィン、ウインドサーフィン、ウェイクボード、さまざまなエクストリームスポーツを空撮。こんなことができるのも、防水ドローンの「防水」能力のおかげです。
 
釣り
水辺で楽しむスポーツと言えば、釣りも忘れることができません。既に、ドローンを利用して餌を目的のポイントに落下させ、釣りを楽しむ…といった使い方をしている釣り人がいるとかいないとか。
 

防水ドローンの超有益な使い道

ドローンを飛ばして橋の点検
橋は多くの場合、川など水の上をまたぐように架けられていますが、防水ドローンなら、そんな橋の点検もこなします。特に水面に近い橋脚部周辺の点検には絶大な威力を発揮することでしょう。
 
アメリカでは既に、ドローンを使った橋の点検が行われています。ミネソタ州には川や湖が多く、1万以上の橋があるそうです。これまでは、橋の上から人がロープで下りて、それぞれの橋を点検していましたが、多くの人手を必要とすること、また危険も大きいことが問題でした。
 
そんな中、ミシシッピ川に架かる橋が崩落するという事故が起きました。13人が亡くなったこの事故を受け、ミネソタ州は本格的にドローン導入の検討を始めます。完全に点検作業から人の手が離れることはありませんが、防水ドローンは、今後もさまざまな方面で活躍することでしょう。
 
防水ドローンで水難救助
ドローンはレジャー用途以外にも、さまざまな目的での利用が考えられています。物流、そして高層ビルや橋などの構造物の調査など、ビジネスや研究といった世界でも、ドローンの高度な利用法が検討されています。水難救助でのドローン活用はそのひとつでしょう。
 
ドイツでは「ライフガード協会」が、4枚翼のドローン(クアッドコプター)により、溺れた人に折りたたみ式の救命用浮き袋を投下するデモンストレーションを行っています。水難救助はスピードが命とされていて、救助活動は常に待ったなしです。ドローンは直接溺れてしまった人がいる水域まで飛んでいけるため、水難事故の犠牲者を減らすことにつながると期待されています。その他、水難救助に関するドローンの用途として、船舶等で救助活動に当たる部隊へ、上空から画像を送信することが挙げられるでしょう。溺れてしまった人は30秒から60秒程度で水に沈んでしまうほどで、ドローンの水難救助への本格投入が待たれます。
 
ここまで防水ドローンの有益な使い方についてご紹介してきましたが、一般的な防水ドローンでも、既にこのような使い方ができる機能を備えたマシンが登場してきています。中国のSwellPro社がクラウドファンディングで資金集めをして製造するマシン。それが「Splash Drone Auto 3」です。
過酷な天候、過酷な状況での使用
通常、雨や雪の中では、一般的なドローンは飛ばせません。防水ドローンであれば、よほどの大雨でも無い限りは飛行可能です。そこに水がある限り、防水ドローンは活躍します。ただ、風がともなう場合、飛行が難しいことには変わりありません。
 
キャンプ
水辺でキャンプ。河畔や湖畔、海岸などでキャンプをする際にも、防水ドローンは活躍します。水遊びをする子供達を撮影、峡谷をなめるように飛行させることも可能(流れには注意が必要です)。
 
サーフィン、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツ
サーフィン、ウインドサーフィン、ウェイクボード、さまざまなエクストリームスポーツを空撮。こんなことができるのも、防水ドローンの「防水」能力のおかげです。
 
釣り
水辺で楽しむスポーツと言えば、釣りも忘れることができません。既に、ドローンを利用して餌を目的のポイントに落下させ、釣りを楽しむ…といった使い方をしている釣り人がいるとかいないとか。
 

防水ドローンの超有益な使い道

ドローンを飛ばして橋の点検
橋は多くの場合、川など水の上をまたぐように架けられていますが、防水ドローンなら、そんな橋の点検もこなします。特に水面に近い橋脚部周辺の点検には絶大な威力を発揮することでしょう。
 
アメリカでは既に、ドローンを使った橋の点検が行われています。ミネソタ州には川や湖が多く、1万以上の橋があるそうです。これまでは、橋の上から人がロープで下りて、それぞれの橋を点検していましたが、多くの人手を必要とすること、また危険も大きいことが問題でした。
 
そんな中、ミシシッピ川に架かる橋が崩落するという事故が起きました。13人が亡くなったこの事故を受け、ミネソタ州は本格的にドローン導入の検討を始めます。完全に点検作業から人の手が離れることはありませんが、防水ドローンは、今後もさまざまな方面で活躍することでしょう。
 
防水ドローンで水難救助
ドローンはレジャー用途以外にも、さまざまな目的での利用が考えられています。物流、そして高層ビルや橋などの構造物の調査など、ビジネスや研究といった世界でも、ドローンの高度な利用法が検討されています。水難救助でのドローン活用はそのひとつでしょう。
 
ドイツでは「ライフガード協会」が、4枚翼のドローン(クアッドコプター)により、溺れた人に折りたたみ式の救命用浮き袋を投下するデモンストレーションを行っています。水難救助はスピードが命とされていて、救助活動は常に待ったなしです。ドローンは直接溺れてしまった人がいる水域まで飛んでいけるため、水難事故の犠牲者を減らすことにつながると期待されています。その他、水難救助に関するドローンの用途として、船舶等で救助活動に当たる部隊へ、上空から画像を送信することが挙げられるでしょう。溺れてしまった人は30秒から60秒程度で水に沈んでしまうほどで、ドローンの水難救助への本格投入が待たれます。
 
ここまで防水ドローンの有益な使い方についてご紹介してきましたが、一般的な防水ドローンでも、既にこのような使い方ができる機能を備えたマシンが登場してきています。中国のSwellPro社がクラウドファンディングで資金集めをして製造するマシン。それが「Splash Drone Auto 3」です。